キャッシング会社はすぐ見つかる

不用意にすべきではなかった借金

 

不用意な借金によって、現在返済が大変で困っています。私が不用意に行った借金というのは、大学進学中に借り入れしていた奨学金です。毎月100,000円借り入れしており、これは生活費にしていました。学費は親が支払ってくれましたので、奨学金だけでも全く問題無く生活していました。

 

奨学金で生活に困らなかったので、私はアルバイトもほとんどせずに4年間過ごしまして、現在返済中です。今返済が大変な状況で思うのは、奨学金を不用意に申し込むべきではなかったことです。

 

当時の私は返済のことまで頭が回らず、取りあえず生活に困らなければ良いと考えていました。もっとアルバイトを頑張れば、生活できるだけのお金は稼げたはずです。この点は非常に後悔しています。

事業をおこした後の借金返済について

 サラリーマンにはあまり縁のないことかもしれませんが、自分自身で何か事業をおこすときには、借金なくして始められないと思います。最初から借金がなくても始められるくらいのお金持ちならばその心配をする必要はありませんが、たいていの場合は関係各所から借金をし、利益をあげて返すという算段の借金をします。

 たとえば、飲食店などは最も事業を簡単におこしやすいものですが、決して儲かりやすいという意味ではなく、借金を返せなくなって四苦八苦する経営者も少なくありません。そのくらい、事業をおこした後の借金返済というのは苦難の道です。

 ですので、事業を起こそうとしている人にお金を貸すときは、返ってくることをあまり期待しないほうが良いのかもしれません。
モビット : 借り方のコツ - 本人確認の方法
オリックス銀行カードローン : 借り方のコツ / 本人確認の方法